かんちゃん日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

浦島太郎を考えてみた

さて、浦島太郎ですが、考えてみると、以前に紹介した「舌きり雀」に似ているなぁ??っと、僕は思うんべす。
どこがって??それは、お爺さんが雀のお宿で、接待を受けるシーン。これは、龍宮城で、浦島太郎が接待を受けるのと、似ていると、思うんですね。
っで、お土産に貰うもの、葛篭と、玉手箱の違いはあれ、同じ箱だし、確かに中に入ってる物も違いますが・・・・・・・
まぁ、要するに、この二つの物語を解釈してみると、ある男が遊郭のようなとこへ行って、遊び疲れて家が恋しくなるって言う、僕なりの解釈ストーリーが同じわけですね。
って、ことは、この二つの物語は、そういう行動をとる者たちへの戒めの物語として、つくられたのか??とか、思ってしまします。
しかし、浦島太郎を解釈する上で、また別の解釈をする人がいるんですね。って、それは、今度にしましょう・・・・・では



      
スポンサーサイト

研究レポート | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<タイトルなし | HOME | 浦島太郎への追憶>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。