かんちゃん日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

浦島太郎を考えてみた

さて、浦島太郎ですが、考えてみると、以前に紹介した「舌きり雀」に似ているなぁ??っと、僕は思うんべす。
どこがって??それは、お爺さんが雀のお宿で、接待を受けるシーン。これは、龍宮城で、浦島太郎が接待を受けるのと、似ていると、思うんですね。
っで、お土産に貰うもの、葛篭と、玉手箱の違いはあれ、同じ箱だし、確かに中に入ってる物も違いますが・・・・・・・
まぁ、要するに、この二つの物語を解釈してみると、ある男が遊郭のようなとこへ行って、遊び疲れて家が恋しくなるって言う、僕なりの解釈ストーリーが同じわけですね。
って、ことは、この二つの物語は、そういう行動をとる者たちへの戒めの物語として、つくられたのか??とか、思ってしまします。
しかし、浦島太郎を解釈する上で、また別の解釈をする人がいるんですね。って、それは、今度にしましょう・・・・・では



      
スポンサーサイト
研究レポート | コメント:0 | トラックバック:0 |

浦島太郎への追憶

さて、前回紹介した浦島太郎、どうやらお伽草子という室町時代の奇伝小説で、原作らしい。
とにもかくにも、現代でメジャーに伝わっている浦島太郎は、浜辺で虐められている亀を助けるほどの、好人物だ。
しかし、この原作版浦島太郎は、そんなに好人物ではなさそうだ。「おまえは、生き物のなかでも、鶴は千年、カメは万年と、寿命が長い、ここで殺すのは忍びないから、助けてやる。この恩を忘れるなよ。」と言う台詞からもさっすることができるだろう。
そして、現代版浦島太郎は、亀の背中に乗せられて、海の中を龍宮城まで深く深く潜って行くのだが、原作では、先の紹介の通り、乙姫様の使いの男の舟で龍宮城へと向かっている。ちなみに、海底へもぐったとは、記述されていない。
さて、龍宮城での乙姫様からの接待をうける浦島太郎だが、ここは、原作版も現代版もにたようなものの様だ。しかし、ここで僕がよく思うことだけど、「魚たちの舞い踊り」をながめながら「鯛や平目の新鮮な刺身」などを食べるなんて、奇妙な気がするのだ。乙姫様=魚達の女神っと言うイメージがあるが、その魚を食料として、提供することが、不思議でならない。
さて、話は進んで、やはりラストシーン、現代版の浦島太郎は、やはり玉手箱を受け取り、浜へ帰って、知る者がいないのを知ってその悲しみから逃れようと、玉手箱を開けてしまい、そのせいで老人になってしまうのだが、原作版は、それだけでは終わらない、年を取り、力尽き、その場に倒れ、死んでもなお、その肉体は干からびつづけたとある。それが、なんとも、具体的な描写で記されているのが、不気味ではある。
しかし、御伽話も、小さな子供に社会のしつけや、マナーなどを諭すような意味合いがあるが、この物語は、どうなのだろう??
・・・・・・・つづく・・・・・・・・・・多分










研究レポート | コメント:1 | トラックバック:0 |

舌きり雀の考察②

さて、19日の舌きり雀の考察ですが、もう一つの考察を考えてみました。
たとえば、雀が実際は、人間であったとします。それは、物語の内容から察するに、美しい女性だとします。
つまり、おじいさんは、山で拾った女・・・・おそらく、女郎でしょう・・・・・・・・を家へ連れ込み、一緒に暮らしたのではないかってことです。
当然、正妻であるおばあさんは、良い気持ちはしませんよね??
っで、女郎が盗みを働いたっていう理由で、家をおいだした。
仕事から帰ったおじいさんは、女郎が居なくなったので、女郎を追って、探しにでます。
そこで、女郎を連れ込んでいたおじいさんを嫉ましく思っていた村の人々から、いろいろな仕打ちをされます。
その仕打ちを乗り切ったおじいさんは、やっとのことで、女郎と再会することができ、そこで、いろいろなもてなしをうけます。やはり、ここは、素直に女郎家と考えたほうがいいいでしょうか??
しかし、おかしいですね??女郎家なら、大判小判の入ったお土産なんて、持たせることはないんじゃないかなぁ??
そこで、実は、話が摩り替わるんですね・っと、僕は思うんです。
実際、この話を子供に聞かせるには、色々と手直ししなければ、だめでしょう??だけど、あらすじは、通さないといけないし。
っで、女遊びに改心して、家に帰ったおじいさんは、良い心を手に入れた褒美に、良いおみやげを・・・・・・・
だけど、おばあさんは、なんで食べられてしまったの??っと、疑問に思うでしょ??これも、摩り替わってるんだと思うんですね。僕としては・・・・・・・
だいたい、話の前半では、おばあさんは、ぜんぜん意地悪じゃない・・・心のなかで、嫌がってはいたが、女郎を住まわせていたんだから・・・・・・・、だけど、突然「意地の悪いおばあさん」にされちゃってますね。
ま、こんなもんですけど、やはり御伽話だから、あいまいなところがあって、当然??それとも、実話を参考にして、この物語はつくられたんですかね??真実は、闇の中ですが・・・・・・・
hr size="1">
     
   


研究レポート | コメント:0 | トラックバック:0 |

真実を探る

さて、先日掲載した「舌きり雀」ですが、この物語、何かににていませんか??
僕は、この物語を読んで「責め苦」っと、言う言葉が頭にうかびました。そう、この物語、地獄図みたいなものですね。って、勝手に思ってるんですが・・・・・・・
まず、雀が嘘をついて、舌を切られるシーンですが、これは、日本の昔からの言い伝えで、「嘘をつくと、閻魔様に舌を抜かれる。」っと、言うのににてます。つまり、雀は、ここで死んだことを意味してるんじゃないかって、ことですね。
っで、その雀を追って、爺さんが味わった責め苦ですが、馬のシーンでは、血の池地獄、牛のシーンでは、糞尿地獄、ばら伐のシーンでは、当然、針山地獄を想像できます。
かくして、そんな責め苦を乗り越え、雀に出会えた爺さんは、雀のもてなしを受け、現世へと戻ってきたのではないか??な~んて、勝手に思ったりもします。
しかし、意地の悪い婆さんは、雀のもてなしもほどほどに、最後には、現世へもどってこれなかったことを意味してるんじゃないかって、思ったりもします。
ですが、最初は閻魔様役の婆さんが、最後には現世へもどれないってのも、不思議だし、地獄に落ちた雀が地獄の沙汰をきめるのも不思議です。
まぁ、所詮は御伽噺ですから(^^;


      
研究レポート | コメント:1 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。